ブログトップ

Sail World

sailworld.exblog.jp

Miami GrandPrix Day4

最終日は予想に反して12から18ノットと恵まれたコンディションの中、
2レース行って結果は18位17位と非常に悔しい最終日でした。
総合順位は変らず12位です。

今回3日間のトレーニングと4日間のレースで、前回のキーウエストでウィークポイントだった15ノットオーバーのボートスピードは大きく改善することが出来ました。
今回新たに得ることが出来た課題に対して、しっかり日本で準備して次回に臨もうと思います。

また、レースを振り返ってレポートを書きたいと思います。

明日、朝早い飛行機でマイアミを発ち帰国します。

takumi
[PR]
# by sailworld | 2010-03-08 12:54 | Keel Boat

Miami GrandPrix Day3

Miami GrandPrix 3日目は昨日に続き10ノットから14ノットのコンディションで3レース行われました。

結果は21位13位4位で総合13位です。

1レース目は上2からスタートを試みたものの、最後の加速で飲み込まれてしまい、大きく出遅れてしまいます。
その後もクリアエアをなかなか掴めず、レグ後半で大きく左にシフトする中右に位置してしまい、その後もシフトのリズムを掴めずカットレース成立のレースでカットレースを作ってしまいました。
気を取り直して望んだ2レース目、レースエリア右と左で風が大きく異なる中、右を読み切り上マークを3位で回航。しかしダウンウィンドでリズムを掴めずフリートに飲み込まれます。
スピネーカーに比べて広いアングルで走る為、アップウィンド同様に順位の入れ替わりが激しくなります。
リズムを崩してしまったものの、何とか踏みとどまり13位でフィニッシュ。

2レース目で風が落ちたものの、3レース目ではまた風があがりました。
ピン近くからスタートを切ったものの残念ながらリコールでした、ラインに戻って仕切りなおしましたがなんとか上手くリズムに乗ることが出来、レグを重ねるごとに挽回し、4位でフィニッシュすることができました。

明日の残り2レース、今日までの課題を克服して帰国できるように頑張ります。

takumi
[PR]
# by sailworld | 2010-03-07 10:05 | Keel Boat

Miami GrandPrix Day2

北西の10ノットから16ノットの中2レース行われました。
スコアは8位4位で総合10位にジャンプアップしました。
c0163300_10544933.jpg

レースを重ねるごとにスコアを上げる事が出来ていることは大きな収穫です。
ここから揚げ続けることは厳しいと思われますが、ここから悪くても平均シングルをキープできれば、目標であるキーウエストの10位以上に入れるはずです。

明日はまた風があがる予報です、3レースを予定しています。

今日のフィーリングを忘れずに、タフなレースに望みます。

takumi
[PR]
# by sailworld | 2010-03-06 10:55

Miami GrandPrix Day1

3日間のトレーニングにて前回のKeyWestでの課題であった15ノット以上でのボートスピードは飛躍的に向上する事が出来ました。
ボートハンドリングもチームワークが良くなり、戦えるレベルになりつつあります。 もっともっと攻められるよう数をこなしながら修正して行きたいところです。

23艇のMelges32が集まったMiamiGrandprix初日は過去数十年で最も寒い一日となりました。
北西(陸)から吹く重たく非常にシフティーな15ノットから20ノットの風の中、3レースが行われました。
結果は17位-15位-13位で、総合17位です。
c0163300_11564157.jpg

先にも書いたようにボートスピードでは上位チームに勝るとも劣らず、小さなミスが順位を大きく変動させるタフなフリートです。
3レース目は最初のダウンウィンドでのジャイブセットが功を奏し、ボトムマークではトップにジャンプアップしたものの、2上3上で勿体無いケースがありました。
しかし、ボートハンドリングに関してもレースを重ねるごとに息が合ってきていますので、明日は何とか今日の反省を活かし、シングルでまとめてみせたい所です。

takumi
[PR]
# by sailworld | 2010-03-05 11:59 | Keel Boat

KeyWest RaceWeek DAY5

最終日は15ノットオーバーの予報に反して8ノットから11ノットと得意な風域でした。
第一レース、上マーク手前でシングル後半でしたが、マーク直前で接触によるケースを起こしてしまい、一気に最下位での回航になってしまいました。
少しずつ挽回したものの20位でのフィニッシュとなり、昨日までのカットレースだった18位がカウントになってしまいました。

気持ちを入れ替えて望んだ最終レース、スタートで大きく出遅れたものの、何とかクリアエアーを得ます。
1レース目は風が上がってくると読んで少し固めのリグでしたが、10ノットMAXと読んで軽風仕様に変更したことで、フォアステイのサギングもしっかり出てパワフルな走りが出来ました。
コースも冴えて上マークをトップで回航、ダウンウィンドでも何とかトップを死守し、少しリードを広げて2上を回航。
10ノット前後でのジェネカーの選択が意識していた走りと違うように感じていた為、2上でディープランからリーチャーに変更、それが走りとマッチして最後のダウンウィンドで2位を突き放すことが出来ました。

昨晩プレーニングボートのジェネカーランをスキフボートのビデオを見ながらイメージして、それをヘルムスマンに伝えていた為、イメージ通りの走りが出来たことがトップフィニッシュよりも何よりも嬉しかったです。

最終成績はひとつあげて10位、ノルマギリギリといったところです。

しかしながら今大会はトレーニングレガッタとして、様々な課題を得て、トライすることが出来ました。
昨年7月の Newport では考えられないほど「戦えていた」と思います。

今回学んだことをしっかり書き残し、次回3月のマイアミで上位を狙いたいと思います。

現地入りしてから10日間、非常に内容の濃い日々でした。
このようなチャンスを下さった石田オーナー、そして植松オーナーに感謝すると共に、更なるスキルアップを目指します。

明日朝7時半の飛行機でキーウエストを発ちます。

takumi
[PR]
# by sailworld | 2010-01-23 11:29 | Keel Boat